atelier SORANOMADO blog

アトリエ空の窓のblogです。
日々の教室の様子やイベント、お知らせなどを更新します。
新学期間近のアトリエ
空の窓のレッスンは発足当初から、新学期の様々な事で忙しい生徒さんのご要望で、4月は2週目からスタートです。

中学年のYさんとRさんは先生のアドバイスを聞いて制作します。アドバイスはテクニックであったり、心構えであったり様々です。
4年生のCさん、とても感性が豊かで、表現力に溢れています。この時期により高い技術と精神を学ぶ中で厳しさと楽しさを身に付けて欲しいと考えています。
1年生のY君、イルカのパズルの下絵を仕上げ中です。

| - | 10:06 | - | -
新しい生活を迎える日々

三月半ば、早くも桜がほころんだというニュースが流れてきました。

我が家の梅が満開したばかりだというのに!!

寒かった今年の冬、季節は例年より一週間早く進んでいる様です。<
アトリエでは、卒業と入学が話題になり、皆さんの新しい世界への

旅立ちに拍手です。
今度の日曜には結婚という新たな生活へのスタートするアトリエの

卒業生の方からの御招待を頂き、幸せのお裾分けを頂く事が出来る

幸せを痛感しております。


キャンバスにアクリル絵具で描くKさんは色作りに苦労しています。

 レッスンを終えてからのカルタ取り

 今日はお友達のお誕生カードを作るとのこと、、、、

 長い絵巻物にも色が入り始めました。


シロクマの家族、シロクマのを白だけでは表現するに薄っぺらな

絵になってしまいます。先生の指摘を受けながらの制作です。


久しぶりの撮影はチョット恥ずかしい??

満開の花で画面を覆う作品を描く事に成りました。

立体感、ボリュームを出すのが難しいと、苦しんでいます。


縄跳びをする女の子を描く年中さん

画面一杯に女の子を描き、縄跳びをする光景を

描いています。

 

ようやく仕上がったよ!

楽しく不思議な動物のパラパラ絵本です。

 動物のお腹や尻尾を取り替えるように

楽しく遊べる絵本です。


今日は「動物達集まれ!!!」も仕上がりました。

ペーパークラフとが大好きな年長さん。お家の屋根からお猿さんの

顔が出たり引っ込んだり、仕掛けを工夫沿いているところです。



お猿の顔を動かすために、糸をセットしています。

いとの調整が難しいので、先生と一緒に仕上げ中です。

一年生ですが、オリジナルパズルを作っています。

ペーパーをかけ着色します。

今日は先ず枠から塗っていきますが、手際よく着色する段取りを

学んでいる最中です。

 

| - | 22:53 | - | -
先週のレッスンから

チューリップを観察する3歳児、年令が小さいうちから

モチーフに触れる経験を持つと、理解が速いです。



先生に手を取って貰って、、、ハサミで切り抜いています。 

 

今度は色鉛筆を用いて、描き込みをしています。

 

出来ましたけど!どうですか?

円の中には素敵な顔が描かれています。作品の仕上がりに

満足げな顔を見せていますね。


オリジナルパズルの着色、濁りのない色出しには

とても気を使います。さらに完成し組み立てた時の

色彩の構成効果に気を配って色合わせをします。


ニワトリの赤に深みを表現する難しさを、

先ずは実践から、そして、色を使って

ボリューム感を出すことを学んでいます。


背景の色をパステルで試みています。

パステルは上手に使えばとても良い効果が得られますが、

使い方を間違えば、紙の目をつぶしてテカテカと光らせ

てしまい折角の効果が失われてしまいます。

今回はとても良い効果が出ましたね。


新たに書斎人間発見です。この棚の下の空間

には静かな時間が流れるようです。何人かの

男の子がしばしの一時、参考資料をじっくり

と読み込んでいます。


新しい作品に取り組んでいます。


モチーフ棚にあった貝殻を耳に当てて海の声を

聞こうと試みています。さて、海の声は聞こえ

たのでしょうか?

 

アレー!!机の下に新たな人類が、片付けを終えて

チョットした一時、雑巾掛けのついでに・・・・


初めてのカッターで鉛筆を削る二年生、初めてなのに

左手の使い方がとても素晴らしいですね!!


揺れる玩具のアイデアスケッチと部品図です。

ここまでは何とか出来ました。さて材料を自ら切り出し

動くように仕上げていくのは並たいていの事では、動い

てくれません。仕掛けとそのスムーズに動かせる工夫が

求められます。4年生ですが頑張って欲しいと思います。

| - | 23:52 | - | -
先週のアトリエ風景

ことの外寒い今年の冬でしたが、その寒さの中にも

三寒四温、日の光の中に春の訪れを感じさせる、今日

この頃ですね。

 

春を告げる空気感をペーパークラフトを用いて

表現しています。年長さんです。

 

継続制作中のオリジナルパズル、他の課題が一段落したので

再び着色です。デザインした時の計画に沿って、一つ一つ

丁寧に塗っていきます。

 


土曜日1時クラスのレッスン風景です。

1年生から6年生までの混合クラスです。

1年生は上級生のお話を横に聞きながらの

チョット背伸びした感じで制作です。

手前のお二人は今年に入ってから入会し

熱心に制作しています。

 

テーマに沿って図鑑を利用し、様々なモチーフを

用いて構成していきます。決して図鑑の丸写しはしません。

 

 チューリップが仕上がって満足げな1年生

 この絵を下絵としてアクリルでキャンバス

 に仕上げたいとのこと意欲満々です。


こちらもチューリップを2輪、組み合わせて

描きました。背景の色をパステルで仕上げて

います。その際には色環図を用い関係性を

勉強していきます。

動物達集まれ!!毎回のレッスンの中で、様々な生き物が

モチーフとして表現されていきます。

 

ニワトリを描いている5年生、大分色に深みが出てき

ました。これからは一つ一つのモチーフにボリュームを

出していく事に成ります。

 

アトリエ40周年記念のカルタの制作を提案した土曜日1時の男組

絵を描きながら、今日も先生と一緒にカルタの読み札を考え中です。

 

 目を離したら、何故か机の下に潜って、こそこそと、ネタを話しています。

 その後、突然三人が大爆笑、一体何があったのでしょうか・・・・・

笑いの絶えない、土曜日1時のレッスンです。

 

| 教室の様子 | 12:05 | - | -
土曜日のレッスンから

当アトリエでは、万が一の災害に対応出来るよう、

そして様々な事象に対応する為に、基本二人指導制を取っております。

先生と距離感を出来るだけ近くにおき、個々人の特性を見抜いて最も良い

対応策を考えご指導しております。

先生のお話を受けた後は、沢山の資料を本棚から各自で取り出して

見ることで、想像の世界を広げていきます。

 

アクリル絵具で重厚感のある絵画の作成を図っています。

1年生ですがキャンバスに絵を描く際に大切な、基本を1から学びます。

桃丘先生の描いたチューリップの鉛筆画を直接見ながらお話を

聞いています。

今日が初めてのレッスン、鉛筆の使い方、練り消しの使い方

一つ一つが描写力のアップに結びつきます。

スポーツで基本を身に付ける事で上達が早くなるのと同じですね。

こちらは土曜日の男組、この日からアトリエ40周年記念のカルタの

読み札のコピーを考えています。

 

午前のレッスンを終えた皆で拭き掃除です。

度のクラスでも自分で使った場所は、自分で綺麗にし、次の人が気持ち良く

レッスンが出来るようにしています。

 

桃丘先生に色鉛筆の使い方を習う1年生です。

チューリップの鉛筆デッサン、一本のチューリップにボリューム感を与え

存在感のある絵にする為、じっくりと描いています。

中央にピンクのチュウリップ、左端に水仙と不思議な構図の絵に

仕上がりました。何とも不思議な魅力のある絵ですね。

土曜日男組の発想しているカルタの読み札について先生とディス

カッションしている光景です。

3時クラスの中学2年生の鉛筆デッサンです。チューリップがほぼ

出来上がり、下回りにシクラメンが描かれていきます。

こちらはシクラメンの鉛筆デッサンに励む中学1年生です。

今年の冬は風邪で体調を崩し復活への気持ちを込めてのデッサンです。

 

今日は継続中の愛犬の絵の描き込みが始まりました。

ミュシャの絵の模写をする成人です。正確に丁寧に細部まで再現しようと

心を込めて、丁寧な観察の下いよいよ本画に入らんとしているところです。

ゆったりと絵と向かい合う成人と中学1年生です。

その側では桃丘先生が様々な話題を投げかけて、絵に深みが出す様に導いて

いきます。

今年の冬は前述致しましたが、子供達が通う学校でもインフルエンザが大流行

暖かい春が待ち遠しい今日この頃です。

| - | 00:45 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
Copyright (C) 2009 atelier soranomado. All Rights Reserved. 当サイト内の写真/文書等の無断利用はご遠慮くださいませ