atelier SORANOMADO blog

アトリエ空の窓のblogです。
日々の教室の様子やイベント、お知らせなどを更新します。
<< 残った時間を使って | main | 幼児クラス >>
様々な表現の為に
ふ 空の窓では皆さんのご希望に添って、様々な表現のお手伝いをしています。
生徒さんは何かと忙しく、12月に仕上げることのできなかったけど、再度、版を彫る1年生です。心の中にしっかりと制作の意欲が湧いていますね。

みんなと同じ素材でも
そこに触発されるものは様々




画一的な表現方法の指導では、個性的な作品は生まれません。テラコッタのマスクに裏表に絵付を描いたり、様々な材料を集めて加飾してステキなマスクに、、




大切なのは時期です。同じ素材、画題でも時を失すると、全く異なった展開をしてしまいます。技術を学ぶことは年齢でカバーすることが出来ますが、感受性は早い段階で方向性が決まってしまいやすいものです。
押し付けるのではなくて引き出し、導く為に様々な体験を先生が身に付けていること、そしてその面白さを見せること、お話をする事が大切です。失敗をリカバリーして見せることも大切です。

糸鋸作業で欠けてしまった材料を共材で補修して見せています。失敗を乗り越える事の大切さも良い教材です。



小さな木に色を塗って立体化しました。
| - | 11:02 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
Copyright (C) 2009 atelier soranomado. All Rights Reserved. 当サイト内の写真/文書等の無断利用はご遠慮くださいませ