atelier SORANOMADO blog

アトリエ空の窓のblogです。
日々の教室の様子やイベント、お知らせなどを更新します。
<< 小学生も、幼児も彫りに入りました | main | クリスマス会では >>
先週のレッスンから

緊張感を持って、彫りに入りました。

 

初めての彫刻刀ですが、手の配置を間違えなければ怪我をする事は先ずありません。

適度な緊張感は創作にとって取っ手の大切なことです。

版の下絵を何枚も作ります。その上で納得出来たものを版に仕上げて

いきます。時間に追われることなく、自分とどれだけ向き合う事が出来るかが

大切なことです。

 

来年の干支は亥です。干支の考えは古代中国からもたらされたもの、

亥も豚も同じ範疇に分類されるので、豚をモチーフにする生徒さんも

多く、童話や故事にアイデアを求める事も多いです。

 

版画も3回目となると、段取りも良く自らどんどんと作業を進めてくれます。

その場合は彫る事を目的にお話をするのではなく、版画という表現を

ご指導しています。

 

版画の原画作りでは図鑑を利用しますが、図鑑にたよるのではなく

図鑑でしか得られない、骨格とか皮膚や毛皮の感じなどを良く観察して行きます。

 

今年も楽しく、素晴らしい版画制作がなされています。

| - | 11:33 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
Copyright (C) 2009 atelier soranomado. All Rights Reserved. 当サイト内の写真/文書等の無断利用はご遠慮くださいませ