atelier SORANOMADO blog

アトリエ空の窓のblogです。
日々の教室の様子やイベント、お知らせなどを更新します。
<< 恒例の版画が始まりました | main | 先週のレッスンから >>
小学生も、幼児も彫りに入りました

空の窓では、表現の多様性とその表現手段を手に入れる為に

幼児でも高度で危険性を持つ刃物を使えるように、ご指導しています。

初めて彫刻刀を使う年長さんです。緊張感がある中で、ゆっくりゆっくりと、

刃物を使う上での基本的な手付きを見守るなかで、作業をして貰います。

力がないので、また骨が強くないので、両手で刀身を持って楽しそうでした。

 

こちらは小1の生徒さん、昨年初めて彫刻刀を使って版画を制作した経験は

大きな自信と成って、手付きがオドオドした昨年とは全く異なってスムーズな

捌きを見せて呉れています。ただこれから気をつけないければならない事は

中途半端な慣れから来るぞんざいな手さばきによる怪我です。何度も何度も

声掛けをしながらの制作です、

 

こちらは1年生ですが初めての彫刻刀、しつこく手さばきについて声を掛けています。

彫られた版をか何度何度も確認しています。

彫る事が目的でない事、彫れた線の在り方を常に確認してもらいます。

 

彫りに集中する3年生です。この形で1時間半以上集中するのは驚異です。

90分のレッスンを物足りなく終えることができる課題はそうある事では

ありませんね。

 

今年の年賀状は生徒さんの版画と決めて、仕上がりを楽しみにしている

ご家庭がほとんどです。細かな刃の動きによって生み出される彫り線の

面白さが、無機質なデジタル画像と異なって暖かさを感じさせるのでしょう。」

 

彫り方によって、様々な表情が出せる版画の個性を苦しみながも楽しんでいます。

 

もうかれこれ7枚の版を作ってきたのでは?幼稚園の頃から彫刻刀を

操っているNさん、手さばき、刀さばき5年生とは思えません。

今後は葉書サイズだけではなく、大きさ、多刷りなどにも挑戦して欲しいなと

思いながらご指導しております。

| - | 23:39 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
Copyright (C) 2009 atelier soranomado. All Rights Reserved. 当サイト内の写真/文書等の無断利用はご遠慮くださいませ