atelier SORANOMADO blog

アトリエ空の窓のblogです。
日々の教室の様子やイベント、お知らせなどを更新します。
<< アトリエ空の窓「芸術と遊び展・幼児 中学生の部」迄、あと1月となりました | main | 皆んな楽しそう >>
最近のレッスンから

先週のアトリエでは、この2年間にわたる作品の仕上げがなされています。



ガーベラの鉢植えを描いた1年生のJ君です。

クロッキー感覚でガーベラの特徴を素早く描き上げました。

こちらも1年生のA君、水に遊ぶ金魚を描きました。

水草と水を深さを意識しながら構成画としました。

Yさん、色彩カードを徹底的に発色の良さ、混色の効果を意識しながら着彩しています。


2年生のKさん、虹の下に何が遊ぶか注視していましたところ数匹のワンちゃんでした。

優しいまなざしで描かれたワンちゃん達が楽しそう、、、


こちらも2年生のMさん。大きくゆったりと広がった虹が画面の真ん中に描かれ、

虹に大きな夢を乗せているようです。


Yさんは2匹のワンちゃんが広い草原に遊ぶ姿を思い浮かべて描いています。

この先どんな生き物が登場するのでしょうか?見ている方がワクワクしますね!!


Y君はマスクのアイデアを練っています。モチーフはシャチにする事にしました。

マスクにどのように取り入れるのでしょうか?


4年生のYさんは出品予定のアクリル画の追い込みに入っています。

氷原に立つ2羽のペンギンがテーマです。氷の白の中に色を見出すことが必要なので、

毎回悩みに悩んでいます。



水族館のイルカのショウを、どのように描いたらその楽しさ、ダイナミックさを

表現出来るかを工夫するRさんです。



猫大好きな2年生のMさん、数頭の猫ちゃんの様々なポーズを表情豊かに描いています。

明るい色使いはMさんの性格そのもの、一頭一頭の猫ちゃんの表情はMさんそっくり、

とても可愛く、仕上るのがとても楽しみです。

Yさんのパズル、いよいよパーツの完成間近、周囲の制作状況にも

眼を配る余裕が出てきました。早くパズルで遊びたいですね!


大好きなテラノザウルスを、勢い豊かに描いている4才のR君です。

これまで、何体テラノを描いて来たことでしょうか、

一枚ごとに勢い、大きさ等が次々と加わってリアリティを持ち始めました。

何度も描くことによって実態に近づいているようです。



3年生のMさん、こちらもパズルの完成が間近と成りました。

筆使いや、色使いなど一つの課題の中に様々な学習要素のあるレッスンでした。

この薄水色のパーツも何色もの絵具を混色し、何度も塗り重ねて

ようやく納得いく仕上がりに近づいてきました。



コウモリが大好きという年長さんのMさんです。

画面中央の兎さんのまわりに、兎さんを見守るようにコウモリを沢山描いてとて

も嬉しそうです。

キャンバスを手に持って、制作に集中する3年生のWさん。

さてこのキャンバスには一体何が描かれるのでしょうか?集中する眼が印象的です。

 


 

| - | 20:21 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
Copyright (C) 2009 atelier soranomado. All Rights Reserved. 当サイト内の写真/文書等の無断利用はご遠慮くださいませ