atelier SORANOMADO blog

アトリエ空の窓のblogです。
日々の教室の様子やイベント、お知らせなどを更新します。
<< アトリエで飼育していた青虫が | main | アトリエ空の窓「芸術と遊び展・幼児 中学生の部」迄、あと1月となりました >>
アトリエ空の窓 「芸術と遊び展・幼児と小学生の部』まであと一月となりました

展覧会まであと一月となりました。

前回の展示以降これまでに制作して来た作品や、まだ仕上っていない作品の仕上げ。

新たな作品の制作と、今、アトリエは猛スパートです。とはいえそれを感じている

のは先生ばかり、生徒さんは相変わらずのペースで作品作りを楽しんでいます。

焼成が済んで戻って来た素焼きの作品に着色します。

可愛い子猫が親猫の背に乗って楽しそう。

親猫の背は掘られており小さな物などが収められる様な器になってます。

子猫はそのふたにもなっているのです。可愛い色使いも素敵です。

たっぷり時間をかけて描いて来た縫いぐるみのクマさんも最後の仕上げです。

サインを入れて、ついに完成しました。

チョッキのボタンにまで気を使ってとて可愛いです。

仕上った充実感の溢れる笑顔が素敵ですね。

今日もガンガン制作中です。

中途半端になっていた、パズルの完成を目指します。

随分長くレッスンをしていたけれども、扇を制作していないとのこと。

だったら白扇に絵を描こうということで、早速デザインし、墨で仕上げる

ことにしました。スケッチブックに描いた下絵を墨入れしています。

動物が大好きなRさん、犬、とり、等様々に描き、作ってきました。

今回は猫ちゃんをキャンバスに描くとのこと、紫色の背景をどのようにして行くかが

難しそうですが意欲満々です。

受験を控えて忙しそうなN君、鷲の図柄の扇に仕立てるようです。

色計画も終わって、次回には白扇に着彩する予定です。

切り紙による、絵本の制作をしました。卵とヒヨコ、どちらから開いても

大丈夫、年少さんです。

Rさんは白鳥の家族をキャンバスに描く事にしました。

色彩計画も大方すんで、いよいよキャンバスに転写しています。

Y君は継続中の課題は終えているため、恒例の版画の制作に入りました。

余裕の笑顔です。

最上級生のYさんは色彩カードの第一課題も最終に、

色彩構成の練習で始めた課題も、Yによれば一つ一つが素敵な作品に

なっています。その集中と意識の高さは周囲の生徒さんに無言の刺激と

なっています。

何時も元気なWさんですが斜向いでのYさんの制作に対する姿勢が大きな

刺激となって、作業も効果的です。

同じテーブルの3年生のYさん、アクリル絵具でオリジナルパズルの着彩中です。

発色がとても素晴らしい、斜向いのY姉さんの高いレベルの仕上げに刺激を受け

ていると思います。

麻布からわざわざ車でレッスンを受けに来られているHさん家族、

今日はママから3才のM君までが揃って制作です。

長男のT君と席を並べて素焼きのワッフルに着色するMくん

家に飼っているザリガニのハウスがとてもポップな仕上がりで、ザリガニ君は

どのように感じるのでしょうか?発想がとてもユニークで面白いですね。

一方シャイなG君も色彩豊かなトカゲに仕上げました。

こちらは水の遊ぶ金魚と水藻を描いた1年生。金魚の浮遊感が

とても上手の描きましたね。

| - | 12:12 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
Copyright (C) 2009 atelier soranomado. All Rights Reserved. 当サイト内の写真/文書等の無断利用はご遠慮くださいませ