atelier SORANOMADO blog

アトリエ空の窓のblogです。
日々の教室の様子やイベント、お知らせなどを更新します。
集中する目は素晴らしい

何事にも集中する目は素晴らしい!!!!

自分の鉛筆は自分でカッターナイフを使って削ります


1
2
3
4 彫刻刀で培った集中力は図面引きにも役立ちます。

 

 版に紙を合わせる見当にも集中力が発揮されます。
5

 ペーパークラフトでは決断力が求められます。
6
7刷りにおいても全体の調子を揃える時にも


8


9
10

集中して作られた作品を持つ目には

自信と、チョットのはにかみが、、、それが又美しい
11
12
13
14
15


16
17
18

 

19

 

気合い一杯、ついにもろ肌脱いで!!!!
20

まだまだ続きますので、お楽しみに!!!!

| - | 13:00 | - | -
真剣な制作

今日は皆さんの制作に対する顔を見て頂きます。

 集中する目線は鋭く素晴らしい
 
 
 
 

<
 


 
 

完成させた時の顔には晴れやかな雰囲気と、自身が表れています。
 
 
 
 
 

 
 
 
3


 
 
まだまだ続きますよ!!!

| - | 22:00 | - | -
今年も早くも年の瀬を迎えました。


今年の冬至はアトリエ最後のレッスン日でした。

富士見通りに落ちて行く太陽は素晴らしいですね。

太陽は富士山の向こう側に落ちました

アトリエでも各クラスで、恒例の お楽しみ会を開きました
センタ−テーブル手前にはプレゼント交換の品々、奥には

先生の心尽くしの果物やお菓子がセットされました。

セットされました

 

幼児では初めてのお楽しみ会なので、いろいろ戸惑う場面があり、

それが和やかな雰囲気を醸し出していました

この後、「這い這いハンカチ落とし」に全員燃えて

ひと時を過ごしました。

先生も熱中してしまうので、残念ながら画像は今年

もありません!ごめんなさい



小学生の会です。恒例の自己紹介は何度も経験して

いるけれど、気恥ずかしさいっぱい。
<
自己紹介はプレゼンテーションの第一歩、分かっていても
なかなか難しものです。

このクラスでも最後には「這い這いハンカチ落とし」に全員燃えました。

高学年になると、交流会では、先ず食べること、トランプ「爺抜き」

で少し時間を過ごしました。

なぜかカードが揃わず1ゲームに10分近くかかってしまいました。
最後のお楽しみはやっぱりプレゼント交換、それぞれが心を込めて

選んだものを持ってお帰りになりました。

 
開梱するのも楽しみですね

自己紹介にも年令が進むに従って具体的な内容を持ってきます。

これからの時代、年令に関係なく、自分は何をしたいのかを表現

出来る事はとても大切な事と考えております。

しかし、少年期にはその内容も良く変わります。

空の窓では変化を当たり前のことと捉えながら、それぞれの自らの力

による成長を見つめて参りたいと考えております。。

| - | 08:47 | - | -
彫り終えた生徒さんは、楽しい刷り移りました

先週、大学通りのイルミネーションが点灯しました。

都内でも迫力という展では群を抜いています。これから一月の間

皆の眼を楽しませてくれます。

初めての彫刻刀を使っての版画、一刀一刀慎重に仕上がりを

予測しながら、楽しい緊張感のもと彫り進んでいます

初めてとは思えない刀裁きを見せるNさん

集中力抜群、手さばきにも安定感があり

滅多にケガをする事はないでしょう。

版画大好き、工作大好きのA君年長です。

刃先を指で押さえるという独特の刀使い

感心しました。これなら安心して彫り進

めることができますね。

これまで何度も版制作をしてきたとのこと。

刃の切れを十分に生かして素早く彫っています。

細かな彫り、気の遠くなる様な彫りを通して

豊かな表現に結びつくような工夫がなされて

います。

小学3年生と中学2年生が中よく肩を並べて版制作。

年下の生徒さんにとって目標となっています。

同じテーブルではさらに小細かな版制作中の中2生

手前では彫りは小休止の年長さん、その向こうでは

刷りを終えて製作途中の色彩画の仕上げをしている

4年生。そしてその向こうでは少し遅れの版制作の
中2生、

たまたまですがこの日のこのレッスンは全て

男子でした。

向かい側では5年生のR君が突き指をしたとかで

不自由な中でも楽しそうに彫っています。


4時過ぎからレッスンをする年長さんです。

今日は気分を変えてペーパークラフトでクリスマスツリー

をつくりました。

こちらは土曜日6時クラスの中3のお姉さん、

版下が出来上がって、いよいよ彫りに向かいます。

こちらは既に彫りの真っ最中の高校生、

彫りに勢いがあります。その中で彫ることを

楽しんでいるようです。

忙しい毎日の一時、版画を製作する事で

心に安らぎを得る事が出来るのではない

でしょうか?






 

 

| - | 10:04 | - | -
11月のレッスンから鵯

彫刻刀は筆や鉛筆と異なり、ケガをする

危険性を持っています。集中する事によって

危険を回避する事が出来ます。刃先をしっか

りと見つめて一刀、一刀丁寧に彫り進めてい

きます。

 

年令に関係なく、皆さん上手に彫っています。

持つ手と刃先を押さえる手の関係を知ると

安全ですね!

 

始めたばかりの生徒さん、少しオドオドしていますが

決しては先に手を出さないという事は守っています。

 

これまで既に3枚の版を作っている6年生の生徒さん。

充分慣れて来ましたので、今度は作業効率にも気をきばり、

右手で刃先と彫りの深さ、左手で掘り進める方向の関係を、

肌で感じながら彫り進めています。

 

3回目の版画です。彫り台の縁を使って

版の滑るのを止めながら、身体全体を使って

彫っています。手に力がある時の生徒さんは

版画滑り易く、また深く彫り込み易いのです。

それを避ける為に縁に当てて彫り進めると良

いのです。

 

今日は集中して制作したので、皆でお掃除をした後、

桃丘先生オリジナルの紅茶を頂きました。

 

時にはダンゴムシのように連なって雑巾掛けするのも

楽しいものですね。掃除機で削り滓を取る人、雑巾

掛けをする人、椅子を整理する人、分担して次のレッス

ンの人の事を考えて丁寧に、そして楽しく片付けをします。

 

彫りに集中し疲れた一時、折り紙の得意なJ君の

指導によって紙風船を作りました。その後

再び彫り始めて事は言うまでもありません。

 

レッスン始めの手慣らしとして、裏面を使っての

長い距離を彫ってみます。

 

細かな模様を彫る為に、刃先を小さく使うため、に

刃先を左手でコントロールしています。

| - | 22:40 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
Copyright (C) 2009 atelier soranomado. All Rights Reserved. 当サイト内の写真/文書等の無断利用はご遠慮くださいませ